本日は、猫天なりなり。


by fnotes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バナナチョコ。

胸に、しんぱいごと。

早く、いかなくちゃ。

急に、かんがえる。

幸せ、についてとか。

祈り、についてとか。


お参りしたときに、
何を、祈ったのだったか。


いつものこと。
ささやかなこと。
むぼうなこと。

それにしても

家内安全無病息災って
すごい便利なことばだな。

そして真実であるんだな。


「作りすぎちゃって」と笑ったあの子は
翌日、あれをさばけたのかな。


あの日は
c0014124_5422147.jpg


晴れたんだったっけ。
[PR]
# by fnotes | 2012-02-07 05:43 | ひとりごと。

匂いたつ。

どこから湧いてくるのかわからない
でも、確かにこんこんと湧いてくる

根拠のないこの思いを、形に変えよう。

ずっと胸のなかにあって
解放されないまま囚われている
このぼんやりとしたものを

リアルに、手に取れるように。


それはまだ、時期ではない、と
ずいぶん昔に言った男の子がいたけれど
それはもう、すっかり年月を経て
熟成されているはずなのだ。
彼だって、あの頃とは全く違う汚れをまとっているに違いない。
あるいは、純粋さを。


この塊は、きっと、とろりとした液体に包まれて
匂いたつような、奇妙で猥雑で美しく悲哀に満ちたものになっている。


リアルに、しよう。
頬ずりして可愛がれるように。


たぶん、すべては、そこから始まるのだから。
[PR]
# by fnotes | 2011-11-03 04:51 | ひとりごと。

advanced easy words

こんがらがった糸を
するすると解くキーワード。

やっぱり、君は知っていたね。

使い慣れたイージーな魔法?
それでも、効果はてきめん。



どうやら最大限に受容されることが
私にとってはとても大切みたい。

大切に思っている。
君に、幸せでいてほしい。
そう思っているのは、本当。

そして、受け止める広い胸があれば、パーフェクト。


きっと、誰しもそうだよね?



この二本の糸が、鮮やかな模様を描いてくれたらいい。
新たな心躍る温かな物語を。
横糸だけで文様を描くつづれ織りじゃなくてね。
[PR]
# by fnotes | 2011-11-01 16:55 | LOVE!
それはひんやりとした雨の夜
幸せな賑やかな時間を過ごしたあとに現れるあまのじゃく。



わざわざ痛みを探しまわって
いつだって、真実を知っていたいと思うのはなぜだろう。


わざわざ痛みを与えてしまうかもしれないのに
いつだって、真実を知っていてほしいと思うのはなぜだろう。


怖いもの見たさで、あの引き出しを開けてはいけません。
けれど、それをひっくり返して二人で整理整頓したい。なんてね。



甘い嘘よりも
ビターな真実を。

だって、本物しか欲しくないのだ。
Can't you hear me?



安易な甘味は感覚を麻痺させてしまう。
ビターなチョコレートを舌の上でそっと溶かして
その滋味をゆったりと味わって


見たいものしか見ないように
目をつぶることなく


本当のきもちを
しっかりとのぞきこみながら


かけがえのないものの
不確かさをかみしめながら


今しかない時間を慈しみたいと思う。

綺麗ごとじゃなく。




これは、たぶん、ちゃんとしなさいという司令。


あのフレイヴァーをキャッチする鼻の良さとともに
痛みさえも甘美に変えてしまう魔法。


たぶん、君は、それを知ってる。
[PR]
# by fnotes | 2011-10-31 03:18

いっしょにいよう。


きみが、すきだよ。
いっしょに、いよう。

クールなかおして、すましてるけど
ほんとは、
ひっこみじあんの、あまえんぼ。

ぎゅうっとして、ねむりたいんだ。
ずうっと、いっしょにいたいんだ。


きみが、すきだよ。
ほんとうに、すきだよ。

いっしょにいたいよ。
いっしょにいたいよ。

あかちゃんのときから、いっしょだもの。
さあ
げんきになって、おいしいもの、たべようよ。



でも

もしも
きみがげんきになるのが、つらいのなら
もっと
からだがやすまる
ほっとできるばしょが、あるのなら
きみを、みおくらなくてはいけないと、おもってる。

それはあしたかもしれないし
なんねんもあとかもしれない。

いやだけれど
つらいけれど
それは、しかたのないことに、おもえるんだ。
ごめんね。



わたしに、きみをげんきにする、そのちからがないのなら
せめて、きみがたびだつまで

いっしょにいよう。
いっしょにいたいよ。


だいすきだよ。
だいすきだよ。

どうかしあわせなきもちで
たびだてますように。


いっしょにいよう。


きみが、だいすき、だよ。
[PR]
# by fnotes | 2011-08-02 22:26 | 猫。

あの日から。

大地は、かたくなかった。
水は、やさしく生命を育むだけでなく、何もかもを飲み込んでしまった。
そして、また静まりかえった。
風は、不穏なものたちを運び、
山は、それをただ黙って見守り、
花々は、約束通り、甘い香りを放ちながら咲き乱れる。

しかし、もう元には戻れない。


人は、漠然とした不安を抱えつつ、平気なふりをしながら、そこに居る。
日常を、ごく普通の日々を、過ごしたい。
だから、ときに声を荒げながらも、平常心を保っているふりをする。

しかし、目を離してはいけない。
もう、傍観者であってはいけない、というかの地の友の言葉は
一つひとつが真実で、静かなのに、小さくて重い玉のように身体の奥にたまっていく。


悲しみは、個人的なもので、
たくさんの命が失われてしまったそのことよりも、
大切なただ一人のひとに、もう会えない、それがとてもとても辛いことなんだと思う。
それが、膨大な数、重なって、喩えようもない大きな痛みになっている。

もっと大変な人がいるのだから、と
譲り合い、慰め合いながら、
この影響をいちばん受けるであろう子どもたちのこれからを慮る。
彼らが大人になったとき、語り合うことがあるだろう。
あの頃は大変だったよね、と笑えればいい。

そうなるには、何が必要?
見えないのが、知らないふりをしなければいけないのが、
得体の知れない恐怖を誘う。


私も、欲しいものを、心の底ではいちばん欲しがっていたかもしれないものを、
やはり、諦めなければいけないのかもしれない。
この状況が、諦観に拍車をかけてしまった。


それでも、何があっても、
好きだよ、いつもそばにいたいよ、と言ってくれる
今の君が、私も好きだよ。大事だよ。

君がいてくれて、本当によかった、と心から思う。



人生は無限ループ。でも螺旋でもある。
いいときばかりではないのは、わかっている。
わるいときばかりでないのも、みんなわかっている。
そして、少しずつ先へ進んで、戻れないことも。
人生は、気の持ちよう。
自然が嫌がらせをしているのではもちろんなくて、
そこにいる人が、何を思うか、だけなのだ。

わざわざ危機のもとを持ち込むのも
馬鹿げたものに終止符を打つのも、人のなすこと。
その存在理由を、時間が問うてくれるだろうか。



おいしい料理を食べて、笑っていても、
喉にざっくりと刺さった小骨はとれない。
冷たい、あるいは温かな涙をいくら流しても
胸の中で凍ってしまった塊は、万年雪のように溶けないだろう。


それでも、願わずにはいられないのだ。

私の、大切な人たちが、しあわせでいてくれますように。
誰かの、大切な人たちが、元気でいてくれますように。

笑顔でいてくれますように。



きみと、ずうっと、手をつないでいられますように。
[PR]
# by fnotes | 2011-05-20 03:42 | LOVE!

letters

大地が意識しなくてもかたくいてくれるように、
いつだって、しっかりとつながっていると思えたら安心なのだけれど。

きみの頼もしい台詞や、手紙や、未来に向けてのうれしい言葉のあれこれは
心ない(と思える)行動ですぐに色あせてしまう。
ねえ、もしかしたら、ずっと前の甘い思い出が、気になるの?

easy come, easy goよ!携帯を置いて、ブラウザのタブ閉じて、月を見上げて!
と彼女は言った。
そうだね、素顔のままで、ちょっとした胸の痛みさえも楽しんでしまいたい。

別の人は、こうも言う。
どんなにパワーをかけても、どうしても持ち上がらなかった大きな岩を、
ついと持ち上げる魔法を見つけてしまうかもしれません。

そんな風に飛び込んできたきみとの関係を
そのまま、こんな感覚でキープできたらいい。

ようく、考えてみなさいよとみんなに言われるけれど。
お互い真摯で、つながっていられれば、
確固たる感覚が手に入れば、
心配する言葉なんて、吹き飛ばしてしまえるのに。

それは、私の心持ち次第? それとも…。


本当の言葉で、話しましょ。
うん、そうしましょう。
[PR]
# by fnotes | 2011-02-18 07:18 | ひとりごと。

morning

丸まって眠る猫を見るように
そこにいるだけで和やかな気持ちになる。
そんな朝が増えてきた。

もういい加減にして、来なくていいよと言っても、結局は一緒にいる。

笑ったり、語りあったり、音楽を聴いたり、戯れ合ったり、密着して眠りについたり。
そんな夜が増えてきた。

学習しない君に先のことは考えられない、なんて言ったけれど、
そのときは、もういいや、と本気で思っちゃったけれど、
なんだかんだ言っても、こうやって一緒にいることになるんだろう、という予感がする。

下手くそな生き方を笑い合いながら、
少しずつ、人生を楽しむ方法を探りあっていけるといいね。

私たちは、私たちなりのやり方で。
[PR]
# by fnotes | 2010-11-20 10:53 | LOVE!
なんだかんだ言っても
好きなものは、好き。
大事なものは、大事。

そう思った気持ちを大切にしたい。


頼りない自分をうまく操縦しながら、軌道修正をはかる。


先は長いよ、ってホントかな?
今を大事にしないと、その先はないと思うんだ。


人生は、きっと、長くて短い。
[PR]
# by fnotes | 2010-10-02 08:03 | LOVE!

EGG

私は、贅沢もの。
なのに、この焦燥感は何?


もっと、力いっぱい生きなさい、と言われた。
そうできていないから、こんな風に涙が出るの?


温かな気持ちで、ぬくぬくと眠りにつければ、
それだけで、世界は薔薇色に見えるのに。


努力は苦手。でも、やってみる。
大事なものを、壊しちゃう前に。

とんでもなく弱い私だけど、ハードボイルドに行くのだ。
とろりと溶けて、流れ出てしまわないように。
[PR]
# by fnotes | 2010-09-13 13:25 | LOVE!